次に利用者数での比較ですが、ここも「LINE交換」とは直接関係しないところでもあります。ただ、アプリで利用者数はとても大事なところです。しっかり見ていきましょう。

 

 

5点
【YYCアプリ】
2000年サイト創設
利用者数600万人

 

YYCアプリは公式サイトを見ると累計で600万人を突破したとあり、このなかではいちばん多いはずです。ちなみに600万人を超えているのは、YYCアプリともう一つイククルだけです。ただしYYCアプリの場合、累計ではなくリアルタイムの数は250万人前後、女性の数は100万人にも満たない数字というものです。

 

 

4点
【ワクワクメールアプリ】
2001年サイト創設
利用者数400万人

 

全サイト中でいちばん多いのでと思う人もいるでしょうが、ワクワクメールアプリはいちばんではないようです。それでも400万人を超えており、その後も順調に利用者数は増えているようです。

 

 

4点
【ハッピーメールアプリ】
2000年サイト創設
利用者数400万人

 

ハッピーメールアプリもいちばんだと思った方が多いのではないかと思いますが、そうではなかったようです。ただ、リアルタイムの数や女性の比率ではいちばんのはずです。新規利用者数を集める努力も人一倍しており、女性誌などの広告出稿もハッピーメールアプリがいちばん多いはずです。

 

 

4点
【PCMAX(18禁)アプリ】
2002年サイト創設
利用者数400万人

 

数年前まではユニークな中堅サイトのひとつでしたが、あるときからかが狂ったように新規会員を集めはじめ、累計利用者数400万人超えのサイトに生まれ変わったのがPCMAX(18禁)アプリです。いまいちばん注目のサイトではないでしょうか。

 

 

3点
【Jプラス】
2000年サイト創設
利用者数300万人

 

JプラスはPCMAX(18禁)アプリ同様、規模もそれほど多くない中堅アプリでした。しかし、キャンペーンも打たずに静かにファンを増やしてき、累計で300万人を超えたのは立派だと思います。クセはありますが、Jプラスの会員はここひとつと決めて使っている人が多いと言われています。